蜂の巣が見つからないならスズメバチ駆除業者に発見してもらうのが得策

サンプルメイン画像

自分でスズメバチ駆除は危険!まずは専門業者に依頼しよう

スズメバチ駆除を安全に行なうなら業者へ

作業員

自宅でスズメバチが出たら最初は驚いてしまいますが、正しく対応することでスピーディーに問題を解決することができます。また、危険を伴うハチ駆除は専門業者に依頼して対応してもらうと確実で安心です。

スズメバチ駆除業者に急いで連絡する
蜜を採取しながら、受粉を手伝ってくれるハチの存在は、植物の成長のためには欠かせません。しかし、蜂と一言でいっても種類は様々で、毒性の強いアシナガバチには注意しなければなりません。刺されるとアナフィラキシーショックを起こす可能性もあるので、姿や巣を見かけたらすぐにスズメバチ駆除業者に連絡しましょう。
大手会社の利用がおすすめ
素早く問題を解決したいなら、電話を使ってスズメバチ駆除業者に連絡しましょう。中でも、年中無休でハチ駆除の依頼を受け付けているような大手を利用するとスピーディーに対応してくれるはずです。口頭での説明が難しいのであれば、専用フォームやメールを使い相談してみましょう。
無料の見積もり・現地調査を依頼しよう
スズメバチ駆除業者に連絡した後は、最適な駆除方法を提案するための現地調査が行なわれます。事前の相談内容を元に、巣がある場所や駆除に関する要望をヒアリングしていきます。現状を確認した後は、見積もりを作成し、契約といった流れになります。

蜂の被害を受けている割合は「男性」が多い

業者に依頼をしてまでスズメバチ駆除を依頼するのは、実際に蜂に刺されることで被害を受けている人がいるからです。しかも、データでみると、蜂の被害を受けているのは圧倒的に男性が多く、危険視されています。

蜂毒による死亡者データ

ハチによる死亡者数(人口動態・自然及び環境要因による不慮の事故)過去10年間のハチによる死亡(平成7年~16年)

上記の表によると、ハチによる死亡事故の被害者は、多くが男性となっています。 その理由として、自分でスズメバチ駆除しようとしたことによるケースが原因だと考えられます。実際にあったスズメバチ駆除の被害事例をみてみましょう。

実際にハチに襲われた人の体験談

自分で駆除しようとしたことで危険な目にあった(40代/男性)

実家にスズメバチの巣ができたと聞いていたので、帰省した際に両親にかわって駆除してあげようと考えていました。今考えると、なんて安易な思いつきだったのかと自分の軽率さに呆れてしまいます。ホームセンターで購入した殺虫剤で巣を駆除できると思いましたが、思ったよりも効果が弱かった蜂を刺激してしまいパニック状態に。これ以上は自分の手に負えないと思い、駆除業者に連絡して対処してもらいました。やっぱりプロは違いましたね。あっという間に巣ごとスズメバチ駆除してくれました。

自分で駆除しようとしたことで、危険な思いをしたという人は少なくありません。安全のためには、やはり駆除業者に依頼して対応してもらいましょう。

巣の種類を知る

迅速にスズメバチ駆除するためにも、種類を特定して駆除業者に伝えておくと早く対応してもらえます。

スズメバチの巣の特徴

巣の形状
スズメバチの巣は、マーブル模様の巨大な形状が特徴です。外皮には光沢があり、バスケットボールのような大きさになります。スズメバチの種類によっては、トックリを逆さにしたような形状の巣を作るものもいます。
営巣場所
閉鎖的な空間を好みますが、中には土中に巣を作る種類もいます。雨風がしのげる場所軒下やベランダの角は恰好の営巣場所となるので注意が必要でしょう。巣作りに適していれば、開放的な空間であっても営巣していきます。
TOPボタン